祝儀袋の書き方最新の記事

祝儀袋の書き方のマナー


特奉書を使った、封筒タイプの祝儀袋です。祝儀袋 特奉書 おめでとう 寿

 

結婚式や出産祝い、お悔やみ事など、日本では贈り物をしたりお祝儀を渡したりして、相手に気持ちを伝えるのが習慣となっています。引越しや新築、結婚や葬儀など、色々としきたりがあり、社会人になると礼儀を覚えるのが大変になります。学生のうちは祝儀袋の書き方など、細かいことは気になりませんが、社会人になればそうはいきません。

小さい頃から結婚式に参加したり、葬儀に参加することの多い人は、祝儀袋などの書き方などもわかりやすいと思いますが、あまり参加することのない場合、社会人になっていきなり祝儀袋を用意するとなると大変です。身近に気軽に聞ける人がいるといいのですが、大人になってから改めて聞くのも恥ずかしいし、と思う人も少なくないでしょう。

社会人になると結婚式に招待される機会も増えてきます。友人や会社の同僚の結婚式などもありますし、出産祝いを贈る機会も増えてくるでしょう。多くの人と接するようになると、それだけ伝統的な儀式に接する機会も増えてくるのです。お礼をしたり、お礼返しをするのは一般的な常識として当然身に付けておかないとなりません。

祝儀袋の書き方で人格が判断されることもありますので、最低限のマナーは覚えておくようにしましょう。表書きの書き方などは相手によっても変わりますので、どういった席で祝儀袋を使うのか、どんな相手に使うのかなど、きちんと使い分けができるようにしておきましょう。いざ自分が結婚式を挙げるという時にも祝儀袋は必要となりますので、しっかりマナーを覚えましょう。

祝儀袋の書き方について

祝儀袋の書き方で人格が判断されることもありますので、最低限のマナーは覚えておくようにしましょう。
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋の書き方のマナー(2009年8月 5日)
用途に合わせて使いわけることも必要となります(2009年8月 5日)
祝儀袋の書き方(2009年8月 5日)
連名での書き方(2009年8月 5日)
中に入れるお札にも気を配りましょう(2009年8月 5日)