Top > 連名での書き方

連名での書き方


ポイント5倍!~ 8/6(木) 09:59まで 05P03Aug09【メール便で送料無料】ハンカチ製ご祝儀袋!!...

 

祝儀袋の書き方ですが、個人名で書くのか、連名で書くのかなどによっても書き方が違ってきます。個人で祝儀袋を利用する場合には、水引の結び目の中央上に上書きを記入します。結び目の中央下に名前を記入します。上書きをやや大きめに書き、名前は少し小さめに書くようにしましょう。

夫婦で祝儀袋を利用する場合、上書きの書き方は個人の場合と同じですが、名前の書き方が変わります。中央よりも少し右よりに夫の姓名を書いて、左に妻の姓名を書きます。連名の場合には役職が上の人から名前を書いていきます。右から左に役職や年齢順に記入しますが、差がない場合には五十音順で書きます。

祝儀袋を連名で利用する場合には、3名までの名前を記入するようにしましょう。3名以上の場合には代表者の名前だけを中央に書くようにしましょう。代表者の名前の左側に「外一同」と書きます。代表者以外の人の名前は、別の用紙に記入してお金と一緒に中包みに入れます。中包みがない祝儀袋の場合には半紙で包むといいでしょう。

祝儀袋の書き方は人によって異なる場合もあります。宛名を記入する人もいますし、記入しない人もいます。祝儀袋に宛名を記入する場合には、水引の左側に渡す相手の名前を書きましょう。宛名の場合には役職や年齢順に左から右に向かって書いていきます。宛名を書かない場合とは逆になりますので、注意しましょう。

 

 電子タバコ  電報について  北海道のお勧めホテルと観光スポット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋の書き方のマナー(2009年8月 5日)
用途に合わせて使いわけることも必要となります(2009年8月 5日)
祝儀袋の書き方(2009年8月 5日)
連名での書き方(2009年8月 5日)
中に入れるお札にも気を配りましょう(2009年8月 5日)