Top > 用途に合わせて使いわけることも必要となります

用途に合わせて使いわけることも必要となります


【喜ばれるご祝儀袋】*ka-mon「わちがい紋・赤」ECOでインパクト大!綿素材の小さなふろしきで...

 

社会人になると色々な付き合いが増え、結婚式などに参加する機会も増えてきます。参加するときに必要となってくるのが祝儀袋です。祝儀袋は名前を書いてお金を入れればいい、という考え方の人もいるようですが、祝儀袋には色々と書き方マナーなどがありますので、用途に合わせてきちんと選びしっかり書き方を覚えるようにしましょう。

祝儀袋の書き方を覚えていれば偉い、すごい人だというわけではありませんが、日本人の最低限のマナーとして、一般常識としてしっかり身に付けておくようにしましょう。結婚式などの公の場では、年齢に関係なく常識が問われますので、若いうちからしっかり覚えておきましょう。

どんなに仕事が出来ても、マナーを知らなければ恥ずかしい思いをしますし、どんな教育を受けたんだろうと、家族や親族まで恥ずかしい思いをさせられてしまうこともあるのです。若いうちからしっかりマナーを身に付けることで、きちんとした教育を受けた立派な人だという評価を得ることもあるのです。

祝儀袋の書き方は、自分が社会人として通用するのかどうかの評価を受けることもあるんだという事をしっかり意識して書くようにしましょう。祝儀袋は書き方だけではなく、用途に合わせて使いわけることも必要となりますので、どんな席で使うのか、相手とはどんな関係にあるのかなどを把握して使うようにしましょう。

 

 アルコール検知器で酒気帯び運転防止  アトピー 薬物療法  インプラント 新宿
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋の書き方のマナー(2009年8月 5日)
用途に合わせて使いわけることも必要となります(2009年8月 5日)
祝儀袋の書き方(2009年8月 5日)
連名での書き方(2009年8月 5日)
中に入れるお札にも気を配りましょう(2009年8月 5日)