Top > 中に入れるお札にも気を配りましょう

中に入れるお札にも気を配りましょう


【喜ばれるご祝儀袋】*ka-mon「丸紋・黒/ピンク」ECOでインパクト大!綿素材の小さなふろしき...

 

祝儀袋は書き方だけを覚えればいいという物ではありません。使う筆などにも注意が必要ですし、お祝いかお悔やみかで濃い筆、薄い筆を使いわけなければなりません。祝儀袋を利用する場合には書き方以外のマナーもしっかり覚えるようにしましょう。礼儀に関する常識は年齢を問わずに自分を判断される材料となるのです。

お祝いの席での祝儀袋は、中に入れるお札にも気を配りましょう。結婚する二人の新しい門出を祝う席ですから、新しいお札、新札を使います。どうしても用意できない場合には、アイロンをかけたり出来るだけしわなどの少ないお札を使うようにしましょう。事前に両替をしておくなど準備しておくといいでしょう。

四や九という数字はお祝いの席では使わないのがマナーです。金額や祝儀袋の表書きなどに注意しましょう。お祝いの席では偶数も好まれません。割れる、別れるなどを連想させますので縁起が悪いとされています。結婚式では2という数字はペア(夫婦)を意味し、問題はないとされているようです。

お祝いの席で祝儀袋に2万円入れたい、という場合には1万円札を2枚入れるのではなく、5千円札などを利用するといいでしょう。お札は表向きに入れるようにしましょう。お悔やみの席では裏側に入れます。祝儀袋を渡すときには相手に見やすいように両手で渡しましょう。祝儀袋をそのままバッグから出すよりも、袱紗などを利用して包みましょう。

 

 ダイエットにぴったり!水中ウォーキング入門  中学受験の進学塾選び
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋の書き方のマナー(2009年8月 5日)
用途に合わせて使いわけることも必要となります(2009年8月 5日)
祝儀袋の書き方(2009年8月 5日)
連名での書き方(2009年8月 5日)
中に入れるお札にも気を配りましょう(2009年8月 5日)